腹横筋の少し突っ込んだお話し(序章)

こんにちは、前回から3か月くらい経過して相変わらず自分の継続性のなさに反省しているところでございます。

ところで本日は、いきなりですが腹横筋について書かせていただきます。
知らない人も多いこの腹横筋ですが、医療・フィットネス関係にかかわる人はもちろんの事、最近では美容関係の人や一般の人でも腰痛予防や体幹トレーニングなどでその存在に関して知っている人は増えてきているのではないでしょうか。
しかし、腹横筋がフォーカスされる意味や本当の意味での役割を知っている人はとても少ないと思います。
腹横筋というと腰のコルセットの筋肉でここを鍛えることにより腹圧が上がり腰回りが保護されて腰痛予防になり、なので呼吸やドローイン(実はこれは間違った方法なのだが)などで腹横筋を鍛えましょう。そうすれば体幹が安定しますよ。というくらいの認識だと思います。
確かに大まかにいえばそうなのかもしれませんが、これでは全く不充分です。
全く身体に対しての知識のない腰痛の人への腰痛予防の説明や、トレーニング初心者へのイントロダクションならこれで良いかもしれませんが、具体的に体幹トレーニングでなぜ腹横筋を鍛える(使えるというのが正しい認識)必要があるのか?別にシットアップで腹筋を鍛えてるだけでもいいのではないか?そもそも、腹横筋はそんなに万能な筋肉なのか?
などそのような根本的な疑問の答えには全くなっていません。
次回から
は①なぜ体幹トレーニングの腹筋=腹横筋なのか? 
     ②腹横筋鍛える(使える)ことのカラダへの影響。
     ③腹横筋のトレーニング方法
について書いていければと思います(何回シリーズになるかまだ決めてませんが)。